豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎の時に、故郷の三河から移して建立したらしい。そして、徳川家康の時代になり、遠慮して重吉(ちょうきち)と名前を変えたといわている。稲荷は、様々な場所にあり、正しい由来がわかるものは多くない。