聖徳太子が亡くなった後、蘇我氏の勢いは天皇をしのぐほどになった。太子の考えを受け継いだ中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)達は蘇我氏を倒す計画を立てた。645年、蘇我氏を滅ぼした中大兄皇子は中臣鎌足らと力を合わせ、中国の政治を手本に、天皇を中心とする政治の仕組みを作り始めた。この改革を大化の改新と言う。