敵に襲われるとこもよりガスを噴射し、相手を昼間したところからこの名前がつけられた。要はカメムシ。