宮城県宮城郡松島町にある寺。読み方は、「ずいがんじ」。瑞巌寺は正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」という。現在臨済宗妙心寺派に属している。開創は平安の初めにさかのぼる。天長5年(828年)比叡山延暦寺第三代座主慈覚大師円仁が淳和天皇の詔勅を奉じ、3000の学生・堂衆とともに松島に来て寺を建立。この寺は延暦寺と比肩すべき意を持って延福寺と命名され、平泉・藤原氏の外護を受けた。藤原氏滅亡の後は鎌倉幕府が替わって大檀越となる。北条政子は当時学徳一世に高かった見仏上人に仏舎利を寄進し、夫の菩提を弔わせている。その仏舎利・寄進状は今に伝わっている。この天台宗延福寺は鎌倉時代中期、開創以来28代約400年の歴史をもって滅することになる。法身禅師が開山とされ、天台宗延福寺にとって替わった寺は円福寺と命名されたが、正確な開創年は不明。歴代住持の経営努力によってその勢力を岩手県南部にまで伸長してき、寺格も五山十刹に次ぐ諸山の高位にあった。しかし、戦国時代を経て次第に衰退し、妙心寺派に属するようになった。慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いが終了した後、仙台に治府を定めた伊達政宗は、仙台城の造営と併せて神社仏閣の造営も行い、塩竃神社・仙台大崎八幡宮・陸奥国分寺薬師堂を相次いで完成させた。瑞巌寺の造営は特に心血を注いだ事業。用材を紀州(和歌山県)熊野山中から伐り出し、海上を筏に組んで運んだ。大工は梅村彦左衛門家次一家や、刑部(鶴)左衛門国次ら名工130名を招き寄せた。工事は慶長9年(1604年)、政宗自ら縄張りを行って始まった。丸4年の歳月をかけ、慶長14年(1609年に)完成。伊達家の厚い庇護を受け、瑞巌寺は90余りの末寺を有し、領内随一の規模格式を誇った。しかし、明治維新を迎え王政復古の政策は廃仏毀釈を惹起し、さらに伊達家の版籍奉還による寺領の撤廃が瑞巌寺を始め松島の諸寺院を直撃し、零落・廃絶・焼亡等の憂き目を見ることになった。瑞巌寺はそれでも時の住持太陽東潮の努力によりようやく維持されていたが、明治9年、天皇の行在所となり、内帑金千円が下賜され、復興の契機となった。現存する本堂・御成玄関、庫裡・回廊は国宝に、御成門・中門・太鼓塀は国の重要文化財に指定されている。

IMG_3585.JPG

IMG_3589.JPG